その子に合わせた登校時間で良い

寮生活が出来る

集団で生活をするフリースクールもあります。
そのような所でもあまり授業と言う枠がなく、学びたい内容についても、前の記事でも説明したと思いますが、子供達に決めさせたり、クラスのみんなで決めたりして遊びや様々な触れ合いから多くの事を学べるようにしています。
なので、中には家庭の事情により通常の学校ではなくあえてフリースクールに来た子もいます。
多くが親元から離れて生活をする為、最初は集団生活に慣れなくて不安になる子供多いそうですが、孤独感や疎外感を味合わせないようにする為にも教師側が全力でサポートをして、親に会いたくなったらフリースクールに来て貰い少し話をしてまた寮生活に戻ったり、外泊と言う形で家に帰宅する事も可能です。

家庭の形に寄り添っている

フリースクールは家庭の世帯年収により入学金や寮生活の金額と言うのが決まる事が多いです。
通常の学校と比べて、学びに必要な教科書代やランドセルや学用品と言うのがあまり掛からない事が多い為です。
なので、経済的に困っていたとしても国からの援助も受けられますし、市からの補助金制度も今ではかなり充実している事が多いので金銭面に関してはサポート出来る為、シングル家庭でも安心して子供に良い教育を与えてあげる事が出来ます。
また、学びたいと言う子供もいますので、そのような子供達に対してもきちんと学校で使用されているような教科書の配布もしたりします。
一部の金額がフリースクールの場合だと国や市からの援助の対象になる事があるので、安心して大丈夫です。



TOP