>

デザイン・種類を決めるなら

この記事をシェアする

見た目も中身もばっちりな車を

まず車選びで最初に選びたいのが軽自動車にするか、普通車にするかという二択です。

費用を重視して、少人数での利用を考えているなら、軽自動車がおすすめです。
運転のしやすいさも利点です。

普通車は安全性が高いものの、維持費がかかるのを忘れないようにしましょう。
さらに普通車には、細かな種類があります。

コンパクトカは、低燃費であることやハイブリッドカーがあることなどが利点にあげられます。
家族で使うならミニバンが使いやすいかもしれません。
市内、市街、どちらでも使いたいならSUVがいいようです。
荷物をたくさんのせて、遠出したいならワゴン車。
セダンなら、高級車ならではの安定した走りを体感できるでしょう。
スポーツカーは乗れる人数は少ないものの、速い車にするなら一択でしょう。
とにかく個性を出したいなら、輸入車を考えてみるのもありですよね。

中古車のデザイン、価格との関連

中古車の場合も、先のような基準で選ぶことは大切です。
さらに加えたいのが、デザインによる価格の変化です。

中古車の場合、車のフルモデルチェンジが5〜7年ほどの間隔で行われることから、型の古さで費用が安くなる場合があるようです。
6年ほどであれば綺麗さやデザイン性をある程度高く保てるようです。
新しさよりも、車のデザインそのものだけを考えるのなら、型落ちを考えてみるのはいかがでしょうか。

さらに、高級車であれば、色が違うだけで値段が変わる場合もあるようです。
デザインは大事だけど、色はそこまで気にしない、という場合には、色による価格の変化にも目をつけてみてください。

また、内装である座席の素材、カーナビが純正かどうか、サンルーフがあるかないかなどを変更することでも値段は上下します。
必要最低限の設備に抑えることで、いい車をいいお値段で手に入れられるかもしれません。
是非、参考にしてみてください。